一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク



「「我が家のお稲荷さま」(電撃文庫/メディアワークス 著・柴村仁)」の著者近影を見ながら描かれたそうです。
最初は画用紙の断片に遊び心で描いていたのですが、思いのほか完成度が高くなったので掲載を依頼されたそうです。また、前述のように遊び心なので、詰めの甘いところは認めるとのこと。

また、今回の作品は前述本のイラストレーターである、放電映像先生のタッチを真似たものである為、類似したところがあるらしいです。



  • Category >
  • Written by > Haq



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

Comments

▼コメントする









Trackbacks

Trackback URL


qrcode